[VMware Fusion] VMware Toolsの時刻同期機能を無効化する

Os X vs. Virtual Windows 7
Creative Commons License photo credit: dzsimbo

VMware FusionにインストールしたゲストOS(CentOS)の時刻をdateコマンドで変更したところ、しばらく時間が経過した後に元の正しい時刻に戻ってしまう、という現象が発生しました。

ゲストOSのntpdは停止させていたので、変だと思い調べてみたところ、どうやらVMware Toolsには「ホストOSとゲストOSの時刻を自動的に同期する機能」存在する模様。 ( @kenji1203 さん、ありがとうございました!)

便利な機能だと思うんですけど、今回は邪魔なので無効化することに。以下に手順をメモ。

無効化する方法

以下の手順で、VMware Toolsの時刻同期機能を無効化することができます。(Mac OS XにインストールしたVMware Fusionの場合。適宜読み替えてくださいね。)
(参考: VMware Tools のインストール – 指導員日記

  1. .vmxファイルを編集
  2. 該当仮想マシンをリブート(仮想マシン上で稼動しているVMware Toolsを再起動しても可)

以上でVMware Toolsの時刻同期機能が無効化されます。

まとめ

VMware ToolsにホストOSとの時刻同期機能があるなんて全く知らなかったので、少しハマってしまいました。

今回編集したvmxファイルには仮想マシン関連の設定項目が他にも色々記載されていたので、きっと自分が知らない設定が色々あるんだろうなぁ。今度しらべてみよっと。

それでは!