[読書] 「入門git」

入門git 入門git
Travis Swicegood でびあんぐる

オーム社 2009-08-12
売り上げランキング : 36231

Amazonで詳しく見る by G-Tools

自分のGitに対する理解がとても断片的なものだと感じたので、体系的にもう一度勉強しなおすために読んでみました。

gitを使ってソースコードのバージョン管理をしている人、これからしてみようと思っている人にはオススメの一冊。

目次

  • 第 I 部 分散管理の世界へようこそ
    • 第1章 Git流バージョン管理入門
    • 第2章 Gitのセットアップ
    • 第3章 最初のプロジェクトを作る
  • 第 II 部 日々のGit
    • 第4章 追加とコミット:Gitの基本
    • 第5章 ブランチを理解して使う
    • 第6章 Gitの履歴を使った作業
    • 第7章 リモートリポジトリを使った作業
    • 第8章 リポジトリを整理する
    • 第9章 基礎を越えて
  • 第 III 部 管理
    • 第10章 Gitへの移行
    • 第11章 GitosisでGitサーバを動かす
  • 第 IV 部 付録
    • 付録 A Gitコマンドリファレンス
    • 付録 B その他のリソースとツール
    • 付録 C 参考文献

内容・感想

日々の業務においてGitを使ったバージョン管理を行うために必要な知識が、非常にわかりやすくまとめられている良書。

本書の内容は、実際にコマンドを入力・実行して結果を確認するチュートリアル形式で進んでいきます。チュートリアルで利用するプロジェクトは、章毎にGithubから取得できるようになっており、必要な章だけをかいつまんで読む、といった読み方もできるように工夫もされています。親切でいいですね。

Gitにはたくさんのサブコマンドが存在していますが、各サブコマンドの機能に関する説明だけではなく、どういう状況でそのサブコマンドを実行する必要があるのかについても言及されているので、業務にGitを導入する際のハードルをぐーんと下げてくれているように思います。また、単なるコマンドの解説だけにとどまることなく、リリースブランチやタグの運用の仕方などに触れられているのもよかったです。

本書を読みながら、Gitに関する自分の今までの断片的な知識が、どんどん体系的に整理されていくのをひしひしと感じました。お恥ずかしいですが、以下のような項目について、僕は本書を読むまで完全に理解できているとはいえなかったので、本当に助かりました。最初からマニュアルや解説書に目を通すことって大事ですね。

  • patch update
  • resetとrevertの違い
  • rebaseとmergeの違い
  • git archiveコマンドの存在
  • etc.

まとめ

付録には「逆引きコマンドリファレンス」のような内容も掲載されており、仕事机に一冊置いておくととても便利な本だと思います。

最初にも書きましたが、gitを使ってソースコードのバージョン管理をしている人、これからしてみようと思っている人は、是非読んでみてください。Subversionなどの集中型VCSとは何が違うのか、分散型VCSの特徴、といったことについても理解が深まると思います。

gitには現在140以上のサブコマンドが存在するらしく、それら全てを使いこなすことは難しいかもしれませんが、本書を片手に少しずつ便利な機能を活用していけるようになりたいですね!

それでは!