[読書] 「今までで一番やさしい経済の教科書」

木暮 太一
ダイヤモンド社
発売日:2009-03-13

iPhoneアプリの「ダイヤモンドブックス」でふと見かけたので読んでみました。

目次

  • 第1章 日本経済の話
  • 第2章 経済と政策の話
  • 第3章 仕事で使う経済学
  • 第4章 グローバル経済の話
  • 第5章 今さら聞けないお金の話

内容・感想

経済についてほとんど知らない僕でも理解できるカンタンな内容でした。普段よく耳にはするけど詳しい意味はわからない様々な経済の用語について、わかりやすい例え話を使って丁寧に説明されています。挿絵のかわいいキャラクターが読者の疑問を代弁してくれるので、そこもわかりやすさに繋がっているのかも。

読みながら新しい用語の意味をどんどん理解していくうちに、自分の経済に関する一般的な知識のなさをひしひしと実感。

本書の最後に、

特に「働く」ということに関していえば、経済を知っておいて損はないはずです。

と書かれていましたが、何が起きても「自己責任」になってしまうこれからの時代、必要最低限の知識だけでも身につけておかないとな、と強く思いました。

まとめ

経済というものを知る最初のとっかかりとして読むといい本だと思います。

本書にも書かれていましたが、経済は一朝一夕に100%把握できるテーマではみたい。

さらに理解を深めていくために、今までよりも経済関係の本やニュースにアンテナをはっていこうと思いました。
それでは!