[PHP] configure時にexif拡張モジュールを有効にする

開発中のWebアプリを配備するときに、配備先サーバのPHPでexif拡張モジュールが有効になっておらず、少しの間はまったので、念のためメモ。

方法はいたって簡単、configureコマンドを実行するときに、オプションに「–enable-exif」を追加してやればよいです。

ちなみに、exif拡張モジュールを有効にすることで、Exifと呼ばれる画像のメタデータを取得するための各種関数をPHPから呼び出せるようになります。

配備先の環境でどのオプションが有効になっているかなど、しっかり確認しておかないといけないですねー。
それではー。