Google Chromeには「最小フォントサイズ」という設定項目が存在する

知らなかったのでメモ。

最小フォントサイズ

タイトルの通り、Google Chromeには「最小フォントサイズ」という設定項目が存在します。

デフォルトの設定値は「10px」。この状態だと、CSSで10px未満のフォントサイズが指定されている要素に関しても、一律フォントサイズ10pxで表示されます。

そのため、最小フォントサイズを以下の大きさを指定している要素の見た目が、Chromeとそれ以外のブラウザで異なってしまう可能性があるので注意が必要です。

Chromeのデベロッパーツールから確認できるCSSプロパティの値が、以下のように10px以下になっている場合も、実際は10pxで表示されるんですよね。(実際僕もこれが原因で数分ハマリました。)

10px以下のフォントサイズを指定することはそうそうないと思いますが、個人的にはtypoとかもあるので、ちょっと困りものだと思います。

設定方法

以下の手順で簡単に設定できます。(Google Chrome バージョン 20.0.1132.47の場合)

  1. Google Chromeの設定ページを開き、ページ下部の「詳細設定を表示」をクリック。
  2. 新しく現れた部分から「ウェブコンテンツ→フォントのカスタマイズ」をクリック。
  3. ダイアログが表示されるので、一番下の「最小フォントサイズ」のスライダーを調整。

まとめ

もしかしたら常識なのかもしれませんが、知らないと思わぬところで躓きそうですよね。

僕みたいな知らない人がいると信じて、そんな人のお役に立てれば。

それではー!