[Xcode] ファイル間を移動するときに欠かせない4つのショートカット

Xcodeを使って最近開発しているのですが、ファイル間を移動する系のショートカットを覚えた途端に生産性がグーンとUPしたような気がするので、その中から欠かせない4つを選んで紹介したいと思います。

当方のXcodeのバージョンは 4.4.1。

ヘッダーファイル・ソースファイル間を移動する

Command + Control + ↑ or Command + Control + ↓

「HogeHoge.h」(ヘッダファイル)と「HogeHoge.m」(ソースファイル)を行き来することができます。

メソッド・プロパティの定義を確認したい時や、新しく定義するときによく使いますね。

ファイル名を指定して移動する

Command + Shift + o

上記コマンドで以下のようなウインドウが表示されます。開きたいファイル名をインクリメンタルサーチしてくれるので、うまく指定できたらEnterでそのファイルに移動できます。

これがあるのとないのとでは大違い。

開いたファイルの履歴をたどる

Command + Control + ← (履歴を戻る) / Command + Control + → (履歴を進む)

Xcodeは開いたファイルの履歴を記録してくれているので、上記ショートカットで履歴をたどりながらファイル間を移動することができます。

開いたファイルの履歴を自分の頭で把握できている場合は、Command + Shift + Oよりもこちらのほうが速いですね。

カーソル下にある変数/メソッドの定義場所に移動

Command + Control + j

カーソル下の変数や定数、メソッドの定義場所に移動することができます。定義場所の候補が複数存在する場合は、その中から一つ移動先を選択する感じ。

変数やメソッドの用途や役割が定義場所にコメントで書かれている場合が多いので、そういった情報を調べたい時に便利ですね。

まとめ

たった4種類のショートカットですが、これだけ覚えるだけでもXcodeを使った開発がだいぶはかどると思います。

まだまだ僕が知らないショートカットもありそうなので、「こんなのもあるよ」という方はぜひ教えていただけると嬉しいです!

それでは!