神戸ITフェスティバル2012のセミナー「SVGでつくるインタラクティブWebアプリケーション」で講師をしました。

2012年10月5日、6日に開催された神戸ITフェスティバル 2012。

その中のセミナーの一つ「SVGでつくるインタラクティブWebアプリケーション」で講師をさせていただきました。

神戸ITフェスティバル 2012 Kobe IT Festival | 第2回 神戸ITフェスティバル 2012年10月5日(金)、6日(土) 入場無料 会場:神戸市産業振興センター

使用したプレゼン資料はこちら。

セミナー中に使ったサンプルコードはこちら。

kadoppe/kobe-it-fes-2012

ダイジェスト

SVGの基本的な部分については理解されている方を対象に、SVGアニメーションやSVGフィルタなどの画像にさまざまな効果を付ける方法や、JavaScriptやCSSを使ったインタラクティブなSVG画像をつくる方法について紹介しました。

質疑応答では、

  • 対応していない古いブラウザの対処方法
  • Flashとの違い
  • canvas要素との違い

などについての質問をいただきました。

それぞれの回答については、また別のブログエントリーにまとめてみようかと思います。

反省点

ちょっと部分的な紹介になりすぎて、全体のイメージをしっかりお伝えすることができたかどうかが心配。構成が難しかったです。

また、準備が不十分で後半のデモがすこしグダグダになってしまった点が大きな反省点。余裕を持って資料を早めに作成し、それからより良いものにブラッシュアップしていく時間をつくりたかったのですが、今回はそれができませんでした。申し訳ありません。

まとめ

前回のセミナーに続いて引き続き、SVGに関して発表する機会をいただきました。

何回かSVGについてお話する中で、僕の中のSVGが好きな気持ちが、どんどん大きくなってきたような気がします。

もっともっと勉強して、わかりやすく皆さんにSVGの魅力をお伝えできるようになりたいですね。

それではー。