PocketのFavoritesに登録した記事のその後

こんにちは、@kadoppeです!

先日、「僕が情報収集のためにやっていること(2012年12月版)」という記事を投稿したのですが、はてブで

  • id:WatOno Pocketでお気に入りした記事のその後はどうなるんだろう?

というコメントを頂いたので、答えてみようと思います。ありがとうございます!

PocketのFavorites

僕は普段からPocketに読みたい記事を大量に登録していて、読み終わった時に、少しでも参考になれば「Favorites」に登録、そうじゃなければPocketから削除、といったことをしてます。

Favoritesに登録するのは、あとで記事に対していくつかの処理・作業を行うため。

移動中だと難しいので、あとで時間に余裕ができたときに、PCを使ってFavoritesに登録した記事を順番に開きながら、いくつかの作業を行なっています。

では、それぞれ紹介していきますね。

「いいね!」ボタンを押す

Favoritesに登録したすべての記事の「いいね!」ボタン(Facebook)を押していきます。

自己満足になってしまいますが、少しでも記事を書いた人に感謝の気持ちを伝えるために、またFacebookでつながっている友達に自分が気に入った記事の存在を伝えるために、絶対に欠かさず押しています。

「いいね!」ボタンが設置されていない記事でも大丈夫。Firefoxの「Like The Page」という拡張機能を使うことで、どんなページに対しても「いいね!」することができます。

「いいね!」だけではなく「はてなスター」が設置されていた場合もかかさず押します。理由は一緒。

はてなブックマークに登録する

すべての記事をはてなブックマークに登録します。

僕の重要な情報源のひとつに「はてなブックマークでお気に入り登録しているユーザーが登録した記事」があります。

そこから有用な記事を仕入れ続けるためには、もらってばっかりではなくて、こちらからも記事を提供し続けなければならないと思っています。

お気に入り登録しているユーザーのみなさんと持ちつ持たれつのような関係を保ちたい、そんな理由で自分が気に入った記事ははてなブックマークに欠かさず登録しています。

ToDoリストに落としこむ

記事の中には、知らない単語が出てきてうまく意味がわからなかったり、チュートリアル系の長い記事でざっくりしか内容が読めないものもあります。

そういう時は、「◯◯を調べる」「◯◯をしっかり読む」のようなToDoをタスク管理ツールに登録するようにしています。

移動中に使うPocketではなかなか深く読みこむことまではできないので、時間に余裕があるときに読み返せるように、Todoリストに落としこむことをしています。

会社やコミュニティで共有する

記事の中で仕事や会社に役立ちそうなものは、会社のFacebookグループでシェアします。

Twitterでシェアしたいものは、URLに自分のコメントをつけてつぶやきます。

Pocketでもできるような気もするのですが、移動中はインプットに集中したいので、アウトプットの部分はPCを使ってさくっと済ませるようにしています。

まとめ

以前、Pocketを使う前はInstapaperやReadabilityといった他の「あとで読む」系のアプリを使っていました。その頃は、Favoritesに記事を登録すると自動的にはてなブックマークに登録されるようなフローになっており、非常に便利でした。

実は、今使っているPocketにはFavoritesの情報を外部から取得できないという制限があり、はてなブックマークへの自動登録ができないという現状があります。

ですが、その分、登録した記事を自分の目でもう一度見返す機会ができたので、いろんなところでシェアしたり、タスクを登録したりなど、「読みっぱなし」になるということが激減しました。

なんでもかんでも自動化するのではなくて、自分の目や手で処理することも大事なんだなぁと、この記事を書いていて思った @kadoppe なのでした。

それでは!