僕が情報収集のためにやっていること(2012年12月版)

こんにちは、情報を集めることが大好きな@kadoppeです!

今日は、僕がいろんな情報をどうやって集めているのか、その方法について紹介してみようと思います。僕はスタートアップで働いているエンジニアなので、自分と少しでも属性が似ている人には参考になるかもしれません。

とても長くなると思いますが、とりあえずスタート!

情報収集のための3ステップ

情報収集の方法なんですけれども、大まかに次の3ステップに分解することができます。

  1. 集める
  2. 整理する
  3. 読む

では、早速それぞれのステップについて紹介していきますね。

1. 集める

まずは、情報源を確保することが情報収集の第一歩となります。

自分の趣味趣向にできるだけ近い情報を集めますが、ここで集めたものを全部を読むかどうかはわかりません。というか多すぎて読めません。

収集にはRSSニュースメールを使います。それぞれ詳しく見ていきますね。

RSS

後述するRSSリーダーがとても便利なので、情報はできるだけRSSで収集します。

とはいっても、購読するフィードの数が増えすぎると未読件数がすぐ溜まってしまい、精神衛生上よくないので、少ないフィード数を維持することを心がけています。

RSSフィードはGoogle Readerで管理。整理しやすいよう、must-read, scan, alertの3つのフォルダを作って、各フィードを分類しています。

では、どんなフィードを購読しているのか、見ていきましょう。

こんな感じです。Googleアラートや、はてなブックマークでつながっている人がはてブした情報をRSSで購読することで、登録フィード数を抑えていることが僕なりの工夫でしょうか。

メール

ニュースメールやメーリングリストからも情報を収集しています。本当はRSSで購読したいんですけどね。メインの情報源をリストアップしてみます。

  • Hacker NewsletterHacker Newsのサマリー。毎週配信)
  • Startup Digest (Tech系Startupの運営に関する情報を毎週配信。)
  • Edsurge(教育分野のイノベーションに関する情報を配信。)
  • html5j(HTML5に関する情報を配信。)

こんな感じです。上3つは英語圏のニュースメールになるのですが、新鮮な情報が届くので見ていてわくわくします。

2. 整理する

「1.集める」の手順で集まる記事は相当な量になります。時間の都合上、多すぎて全部読むことはできないので、集めた記事の中から実際に読みたいものを「Pocket」という「あとで読む系サービス」に登録していきます。

Pocketへの登録には「Reeder」というRSSリーダーと、Webブラウザのブックマークレットを使っています。それぞれ少し紹介していきますね。

Reeder

ReederはMac・iPhone・iPad用のRSSリーダーアプリ。Google Readerに登録したRSSフィードを効率的に消化していくことができます。

Mac版、iPhone版、iPad版ともにPocketとの連携機能を搭載しており、設定を変更することによってキーボードショートカットやスワイプ操作で、一瞬にして記事をPocketに登録することができるのが、自分にとっての便利なポイント。他の機能は実はあんまり使ってなかったりします。

使い方は、

  1. 各フォルダ(must-read, scan, alert)の中から一つ選び、未読記事のタイトル一覧を表示する。
  2. 記事のタイトルだけを読み、中身を読みたいと思ったものをPocketに登録する。
  3. 全部の記事を処理し終えたらフォルダ内の未読記事を一括で既読にする。

という感じ。Reederでは記事の中身は一切読まないことがポイントです。

スピード的には1分あたり100記事ほど消化するイメージでしょうか。じゃないと間に合わないっす。

ブックマークレット

ニュースメールに掲載されていた記事のリンクは、一旦ブラウザで開く必要があります。また、TwitterやFacebookでたまたま面白そうな記事を見かけることもあるかもしれません。そんな時は、ブックマークレットを使って記事をPocketに登録します。

僕のメインブラウザはFirefoxで、キーボードだけでブラウザを操作できるように「Vimperator」という拡張機能を導入しています。

Pocketに記事を登録するために「マウスでブックマークを選択」するのは時間がかかっちゃうので、キーボードショートカットだけでブックマークレットが実行できるようにしています。

3. 読む

あとは、Pocketにたまった記事をひたすら読むだけです。

PocketにはWebブラウザ版の他にMac版、iPhone版、iPad版が用意されており、また読みやすいように記事の本文だけを抽出してくれるので、時間や場所を選ばずに記事を読むことができます。移動中やお風呂の中で読むことが多いです。

読み終わった記事は、少しでも参考になった場合はPocketのFavorites(お気に入り)に登録し、そうでなければPocketから削除します。

そしてまた次の記事を読み始めるわけです。その繰り返し。

最後に

ものすごく長くなってしまいましたが、以上3ステップが僕の情報収集のやり方です。毎朝「2. 整理する」「3. 読む」に取り組み、毎週末に「1. 集める」の部分を改善するということを繰返しています。

僕のやり方がどこかの誰かの参考になれば嬉しいですし、こんな方法もあるよと教えていただけるとさらに嬉しいです。ぜひぜひご意見聞かせてください。

それでは!