[読書] リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック

自分自身がもっと読みやすいコードを書けるようになるために、そして一緒に働くメンバーのコードレビューを適切に行えるようになるために読んだ。

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)
リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

目次

  • 1章 理解しやすいコード
第I部 表面上の改善
  • 2章 名前に情報を詰め込む
  • 3章 誤解されない名前
  • 4章 美しさ
  • 5章 コメントすべきことを知る
  • 6章 コメントは正確で簡潔に
第II部
  • 7章 制御フローを読みやすくする
  • 8章 巨大な式を分割する
  • 9章 変数と読みやすさ
第III部
  • 10章 無関係の下位問題を抽出する
  • 11章 一度の1つのことを
  • 12章 コードに思いを込める
  • 13章 短いコードを書く
第IV部
  • 14章 テストと読みやすさ
  • 15章 「分/時間カウンタ」を設計・実装する

印象に残った箇所

  • コードは他の人が最短時間で理解できるように書かなければいけない。

内容・感想

自分以外の他の人が理解しやすいコード(=リーダブルコード)を書くための指針を解説している本。「名前の付け方」など表面的なところから、「関数の分割」などプログラムの構造に関わるところまで、他の人が最短時間で理解できるようなコードを書くための方法が紹介されている。

書いてあることの中には以前から知っていることもあるけど、この本にはしっかり「なぜそうすべきか」という理由もしっかり書かれている。

なんとなくわかっているつもりでも、自分の言葉で説明できないと他の人にそれを伝えることもできないし、自分の中で一貫してそれを実践することもできない。

この本を読んだおかげで、自分の中に「読みやすいコードとは何か」という明確な指針ができた。

実践していく中で、本書ではカバーしていない問題に直面することもあるだろうけど、それを突破していくだけの土台づくりはできたように思う。

複数言語のサンプルコードを使って解説されているけど、どれも短いものなので、使っている言語にかかわらずすべてのプログラマーにおすすめ。

とりあえず、一緒に働いているメンバー全員に読んでもらおうと心に決めた。

  • MasaYan

    読んでみます。
    これを含めて最もこのテーマで優れていると感じている本の紹介もしてもらえると参考になります。

  • このジャンルの本を読み始めたのが結構最近なのですが、以下の2冊がサクッと読める割に効果が高いような気がしています。

    ・「リーダブルコード」(テクニカルな面をサポート)
    ・「コード・シンプリシティ」(目的・概念などより上位の面をサポート)

    ToDoリストにまだまだ沢山これ系の本溜まっているのですが、読み次第また紹介しますね!

  • MasaYan

    ありがとうございました!