個人ブログとQiitaの使い分け方について考えてみたよ

毎日コーディングを欠かさないエンジニアの @kadoppe です。こんばんは。

今日は、個人ブログとQiitaの使い分け方について、自分なりに考えたことをちゃちゃっと書いてみたいと思います。

Qiitaについて

Qiitaは「プログラマーのための情報共有サービス」。

日々ソフトウェア開発に取り組む中で、ユーザが学んだ知識や得た経験を、どんどん投稿してみんなで共有しよう、という主旨のサービスです。

会社のチームで情報共有にQiitaを使い始めてからというもの、それからすごく便利に使わせていただいています。

個人ブログとの使い分けについて悩む日々

実は僕、最近個人ブログ(このブログです)の更新を頑張ってるんです。

友達がブログの更新を頑張っているのを見て、すごく感化されたのが理由の一つ。

このブログですが、記事消失やドメイン更新忘れなどを経て、最初に書き始めてから実はかれこれ5年以上が経とうしています。

更新頻度を上げると、そんなブログがなんだか可愛くなってきて、もっともっと更新してあげたいと思うようになりました。

そんなある日、いつもならQiitaに投稿していた技術ネタを思いついた時に、個人ブログとQiitaのどっちに投稿しようか悩んじゃったんです。

Qiitaに投稿すれば、情報を必要としているプログラマーのみなさんの目にとまりやすい。

でも、個人ブログに投稿すれば、アクセス数があがって「俺が育てた」感が感じられる。

いろいろ考えた結果、すごくシンプルなルールで個人ブログとQiitaを使い分けることに落ち着きました。

「事実」はQiitaに投稿

技術的な問題の解決方法や、コードの書き方、便利なライブラリの導入・利用方法などはすべて「事実」に基づく情報です。

そういった事実に基づく情報は、すべてQiitaに投稿することにしました。

Qiitaは、情報がタグによってかなり整理されているので、必要なところに必要な情報が行き渡りやすいプラットフォームです。

自分が学んだ or 経験した確かな情報を投稿して、それを必要としている誰かの役に少しで立てればいいなと思いました。

「意見」「考え」は個人ブログに投稿

本を読んだあとの感想文や、イベントに参加したあとのレポート、今書いているこの記事みたいな内容は、自分の「意見」「考え」に基づく情報です。

そういった意見や考えに基づく情報は、すべて個人ブログに投稿することにしました。

個人ブログをどの方向にもっていくかは完全に自分次第。雰囲気もターゲットも自分のやり方次第でどんどん変えていくことができます。

どんどん、自分の意見や考えを投稿して、できるだけ自分の色を出していければいいなと思いました。

まとめ

以上、ざっくりでしたが、自分なりに考えた個人ブログとQiitaの使い分け方をまとめてみました。

もしかすると、みんな実はこんな感じで使い分けていて、僕が改めて書く必要はなかったかもしれませんが。

他にも「こんな風に使い分けてるよ」といったご意見などありましたら、ぜひ教えてもらえるとうれしいです。

それでは~!

  • 僕は アドベントカレンダーとか、(会社員ではないのですが)会社で Qiita に投稿しているみたいなケースでは、積極的に Qiita にも投稿したいと思っています。少し実践しています。それ以外は全部個人ブログで満足しています。プログラマ向けの新しめの Webサービスだと、Qiita の他に QA@IT があって、こちらはまず「お題」があります。やっていることはどちらもノウハウの提供ですが、ブログの延長感がなかったので、自分のわかる質問には答えたり、逆に質問したりして積極的に参加していて、楽しいです。他方、個人ブログを書いていて、Qiita も使おうとすると、おっしゃっているような悩みが生まれそうなので、「空気を読むと Qiita に投稿したほうがよさげ」というときだけ Qiita に投稿するという考えになりました。

  • 両方に書くのはどうでしょう?

  • 確かにQA@ITだと「ブログの延長」間がないので、とくに何も考えずに投稿できそうですね。Qiitaは僕の考え方だと、ブログに書いてもいいことを投稿する感じなので、そのあたり悩んでしまいます。ちょっと様子を見ながら使い分けていきたいです。

  • 同じ内容のものを複数の場所に投稿すると「マルチポストはよくないよ」と誰かに怒られてしまいそうで、ちょっと躊躇してます。

  • Pingback: Qiitaとブログの使い分け | #interest_ae()

  • Pingback: 他の人がブログとqiitaをどう使い分けているか、13個の記事を調べてみた。 | 20歳からのプログラミング()