XVimとVimperatorでもコロンとセミコロンを入れ替えてみた

仕事中はほとんど時間Vimを使っている @kadoppe です。こんばんは!

最近Vimの設定をいじるのに凝り始めたわけなのですが、このまえExコマンドをよりカンタンに実行するために以下のような設定を~/.vimrcに追加しました。

これは何をしているのかというと、ノーマルモードでコロンとセミコロンを入れ替えてるんですね。これによって、:w:sみたいなExコマンドを実行するときにShiftキーを押す必要がなくなるので、スムーズにコマンドが実行できて、かつ小指にも優しい環境が出来上がるわけです。

それでですね、世の中にはVim本体以外にもVimっぽいキーバインドで操作できるアプリケーションがありまして、僕もいくつか使っているわけです。

例えば、Vimperator。これはFirefoxをVimっぽいキーバインドで操作するためのアドオンですね。こちらもよくExコマンドを実行する機会があるのですが、Vimと同じようにVimperatorでもコロンとセミコロンを入れ替えたい、入れ替えないと頭が混乱すると思ったわけです。

そんな時は、~/.vimperatorrc に以下のような設定を書いちゃえばOK。さっきと全く同じですね。

お次はXVim。これはXcodeをVimっぽいキーバインドで操作するためのアドオンですね。こちらも頭が混乱してしまったので、設定を施しました。~/.xvimrc に以下のような設定を書いちゃえばOK。これもさっきと全く同じですね。

こんな感じで、キーバインドを統一したことにより、頭が混乱することが少なくなりました。本当は共通のキーバインド設定を一つのファイルにまとめて、各設定ファイルからsourceコマンドで読み込めたらいいんですが、XVimはsourceコマンドに対応していないんですよね。まあ、今のところたったの2行だし、良いんですけどね。

あんまり内容がないけど、この記事はこれでおしまい!一つの記事に同じコードを3回のっけたのははじめて!それでは~!