D忘年会@京都に参加して

2009.12.31 追記:他の参加者の感想記事リストを作りました。

2009年12月26日に行われた「D忘年会@京都」に、幹事のひとりとして参加してきました(告知文)。博士課程に在学中の学生同士が、研究室の壁を超えて研究に限らないざっくばらんな話をし、来年も頑張るためのパワーを養いましょう、という趣旨の飲み会です。

開催日の二週間くらい前に@okeihaanさんから「D忘年会@京都しませんか?」というお誘いがあり、二人で協力してアナウンス、場所の確保などをおこなっていました。告知は開催日の約一週間前から行ったので人が集まるのかどうか不安でしたが、最終的に幹事2人を含めた合計8名のDの学生が忘年会に参加してくださりました。参加条件を「京都に来ることができる博士課程の学生」のようにゆるい感じにしたので、いろいろな分野・大学(京大・阪大・NAIST)の方々が集まったように思います。

研究テーマも専攻も学年もバラバラのみなさんでしたが、「ある程度インフォーマルな感じのD同士の交流の場が欲しい」と少なからず考えられている点では共通していたのではないかと思います。そして、個人的には今回のD忘年会@京都がそのような要求に答えることができていたんじゃないかと思います。

研究室、専攻、そして分野の壁を超えたD同士の横のつながりというものは、本当に大事なものだと思います。そうした横のつながりの中では専門的な研究の話はなかなかすることができませんが、Dの学生が博士課程を過ごす上で共通して感じること、悩み、必要なことなどなど、そのつながりの中でしか話せないこともあると思うからです。

もちろん、飲み会ならではのくだけた話もありました。みなさんいい感じに今年を忘れることができていたんじゃないかと思います。とりあえず楽しかったです!

このようなつながりを維持していくためにも、同じような趣旨のイベントを開催するためのお手伝いを今後もさせていただけたらな、と思ってます。近いうちにまたあると思うので、今回都合により参加出来なかった皆様とも是非お会いしたいです。

最後に、このような素晴らしいイベントのきっかけを作って下さった@okeihaanさん、そして参加者のみなさま、本当にありがとうございました!また、よろしくお願いします!