[読書]成果を出す人の実践時間活用術

#3/365

次の本を読み終えました!(画像が無いのでリンクだけ)

成果を出す人の実践時間活用術 (日経BPムック スキルアップシリーズ)

ムック(106ページ)なので、すぐ読めてしまいました。大きく4つの章に分かれていたので、それぞれの章について感想を書いてみたいと思います。

朝活で人生を変える! – 1日24時間を最大限に生かすカギ

早寝早起き生活を実践している色々な人の一日の予定表とともに、朝活のメリットが書かれていました。

健康に良い、朝勉強するとはかどる、というのはよく知られた事実ですが、僕が興味を持ったのは「早朝勉強会」。「異業種朝食会」と呼ばれる時もあるみたいなんですが、モチベーションの高い色んな人たちと情報交換をしたり、読んだ本の内容をプレゼンしたり、何か一つのテーマについて勉強する、そんな会合が最近増えてきているようです。

早起きするモチベーションを維持するためには、早起きして何をするのか、という目的意識が必要です。僕は最近早起きできていないので、京都でもしIT系の早朝勉強会があれば、早起きのため、そしてスキルアップのために参加してみたいと思います。

最新スピード仕事術 – できる人が実践する45の最新ハック

この章のなかで気に入ったのは次の部分。

TIPS 02:3つの自問自答を繰り返す
「これ以上続けても時間対効果は上がらないのでは?」「自分のこだわりだけでやっていないか?」「この仕事を普段の半分の時間でできないか?」。3つを自問自答しながら仕事しよう。

効率化と仕事の質はトレードオフの関係にはない。むしろクオリティーが高まる場合が多い。

最近は自分の作業の効率性について、以前とくらべてあまり気にしなくなっていたので、耳が痛い言葉です。

  • 時間対効果を最大化することができる仕事の切り上げポイント
  • 時間をかける必要のある仕事とそうでない仕事の切り分け
  • 単位時間あたりの仕事の量

これら3つの点を常に意識しながら仕事をすることで、ワンランク上の仕事人になれそうですね。実践しよっと。。

超集中仕事術 – 無駄を減らし集中力を高める

「嫌な仕事・無駄な仕事の見極め、断り方を覚えて、本当にすべき仕事に集中できるようにしよう!」というのがこの章の要約です。

あ、なるほど、と思ったのが次の部分。

仕事をするうえで、嫌だと感じるかどうかのポイントが3つあるという。それは「できること」「すべきこと」「したいこと」の3つである。

単純に「あの仕事は嫌だ!」と投げ捨てるのではなくて、なぜ嫌だと思うのかをもう少し細かく分析する必要があるみたい。引用した3つのポイントを軸にして、

  • できないから嫌なのか
  • すべきではないから嫌なのか
  • したくないから嫌なのか

ということを自問自答することで、嫌な仕事をどのように対処するかの判断ができやすくなるみたい。

いやー、これも僕にとってはかなりタイムリーな話題でした。自分のケースにも当てはめて使ってみようと思います。

最強の行動習慣 – 無理せずラクに目標を達成できる

最後の章は、自分の行動に簡単なルールを設けることで、目標達成への道のりを短くするための方法について書かかれていました。

目立ったのが、

  • 難しいことから先にやる
  • すぐ行動する

というルールです。ついつい難しい仕事は後に回してしまいがち。本書では、大学受験における「簡単な問題からとくべし!」という指導が原因になって、日本人は特に後回しの傾向があるそうです。

すぐ行動しなかったり、難しいことを後回しにしたりすることで、どんどん時間的な余裕がなくなって大変なことになることはわかってるつもりでも、ついついやってしまいがち。僕自身も最新そのような傾向が目立つので、意識改革してみようと思います!

まとめ

内容的にあまり深いことは書かれていませんが、個人的にはタイムリーな話題がいくつかつまっていて、ムックとはいえ読んで良かったな、と思います。

中にはお互いが矛盾するTIPSも書かれていたりするんですが(例:飲み会に行くな or 行け)、そこは人それぞれということで、自分にあったTIPS(もといハックス)を選択して、自分の生活の中にうまくとりこんでいくことが大切ですね!