WordPressのプラグインを使わずにFacebookの”like”ボタンを表示させてみた

facebookgroup
Creative Commons License photo credit: Jon Yates

先日の投稿で、Facebookの”like”ボタンを表示させるこのできるWordpressのプラグインを紹介しました。

・・・が、ボタン表示位置などの細かい調整がしづらかったので、プラグインを使わずに表示させてみることにしました。

以下、手順のまとめです。

  1. アプリケーションの登録
    次のページにアクセスし、サイト名・サイトURL・地域を入力してアプリケーションの登録を行います。
    http://developers.facebook.com/setup/

  2. JavaScript SDKの設定
    登録完了ページに表示されている「サンプルコード」のうち、次の部分をWordPressテーマのfooter.phpに挿入します。挿入場所としては</body>タグの直前が適当だと思います。
    「appId: ‘Your ID’」の部分は各自置き換えてくださいね!
    (登録完了ページのサンプルコードには正しいappIdが記述されています。)

  3. “like”ボタン表示用コードの挿入
    WordPressテーマのsingle.phpとindex.phpに以下のコードを挿入します。テーマにもよりますが、挿入場所としては記事タイトルを表示しているタグの直後が適当だと思います。

  4. 表示確認
    ブラウザできちんと”like”ボタンが表示されていることを確認して作業終了です!

手順1, 2をきちんと行うことで、Facebookが提供する”like”ボタン以外のソーシャルプラグインも簡単な記法(XFBMLというらしい)で導入することができます。
その他のソーシャルプラグインについては次の記事で紹介されてます。

別に手順1.2を行わなくても”like”ボタンは表示できますが、その場合はブログに挿入しなければいけないコードの量が増えてしまいます。こちらの方法については以下の記事で説明されてます。

なお、ボタンの表示言語(like or いいね!)はアプリケーション登録時に選択した「地域」によって決まるっぽいです。(きちんと確認してません。)

あと、手順3の例では、

  • “like”ボタンを押された数を表示する
  • 押した人の顔写真を表示しない

のような設定になっています。

いろんな設定を試したい人は、次のページで見た目を確認しながら設定をいじり、その結果のボタン表示用コードを取得することができます。

ぜひお試しあれ!