HTML5 Hackathon in Kyoto に参加してきました。

Gabor
Creative Commons License photo credit: AndyArmstrong

京都GTUG主催のHTML5 Hackathon in Kyotoに参加してきました。

一週間に行われたIdeathonの様子はコチラ

チームメンバーのみんなで一丸となって作品作りに取り組んだ結果、最後に行った投票で僕たちの作品は見事9チーム中2位に選ばれました!いえーい!やったぜ!

作ったのはDJが使うターンテーブルのようなWebアプリです。
主な機能として、

  • 二つのレコードが同時に再生できる
  • 再生中はレコードが回転する
  • 音量やミックスのバランスを調整できる
  • スクラッチ機能(マウスドラッグによるレコードの回転、スクラッチ音が鳴る、回転させた分だけ再生位置が戻ったり進んだりする)
  • レコードを交換できる

を実装しました。

僕が参加したチームにはプログラマが一人(僕)しかいなかったので、ちゃんと実装出来るのか、正直少し不安でした。

ですがそんな不安をよそに、チームメンバーがお互いの足りない部分をおぎないながら、上手く作業を分担して作品作りに取り組むことができたので、なんとか完成度の高い作品を作り上げることができました。

本当に良いチームだったと思います。チームメンバーのみなさん、本当にありがとうございました!

さて、Hackathonに参加してよかったと思った点を簡単にまとめてみます。

  • 色んな人のアイデアや作品を見ることでモチベーションが上がった
    ブラウザでVNCクライアント(のようなもの)を作ったチームがいましたが(投票結果1位) 、「すごい!」と思うのと同時に何だか悔しい気持ちになりました。
    「次参加するときは絶対に1位になれるように頑張って勉強するぞ!」と、モチベーションがぐーんと上がりました。
  • JavaScriptがある程度書けるようになった
    今までほぼ書けなかったのでこれは大きな進歩。いいきっかけになりました。
  • 普段のコーディングスピードが上がった
    今まで「当日中に作品を完成させなければならない」ようなシビアな時間制限の中でコーディングをした経験があまりなかったので、とてもいい経験になりました。
    翌日、会社でコーディングをしていると、「あ、俺、速くなってる」と実感することができました。
  • チームメンバーをはじめいろんな人と出会い、いろんな事を話せた
    チームメンバーはもちろん、懇親会でもいろんな人と楽しくお話できました。技術的な話が多く、タメになりました。そろそろ人見知りもマシになってきたかな?

こんな感じでいいことずくめ!
次回も是非参加して、次こそは1位になれるように頑張りたいと、いまから闘争心を燃やしています。

みなさんも一度参加してみてはどうでしょうか?
いい経験になると思いますよ!

それでは!