[MacPorts] Mac OS X Snow LeopardにWebalizerをインストール

Equipe de desenvolvimento Ibta mamuTIweb
Creative Commons License photo credit: Rafael Mob

Snow LeapardにてWebalizerのインストール(MacPorts使用)・動作確認を行ったときのメモです。

ちなみにWebalizerは、Webサーバのログを視覚的に分析するためのツールです。
Webサーバのログを解析して、HTMLファイルと画像ファイル(グラフ)を解析結果としていい感じに出力してくれます。

まず初めに、次のコマンドを実行し、Webalizerをインストールします。

エラーが何も表示されなければインストール完了です。

次は動作確認するための最低限の設定を行います。
設定ファイルのサンプルも一緒にインストールされているので、それを正しい名前のファイルにコピーします。

コピーできたら設定ファイルを編集します。
設定するのは、「ログファイルの格納場所」「ログファイル解析結果の出力先」の2項目だけです。

以下は、MacPortsでインストールしたApacheのログを解析し、そのDocumentRoot直下のwebalizerディレクトリに解析結果を出力する場合の編集例です。

もし、まだ解析結果出力先のディレクトリが存在していなければ、Webalizer実行前に作っておきます。

以上で設定完了!さっそく以下のコマンドを入力し、Webalizerを実行してみます。

コマンドが無事実行できたら、Webブラウザで以下のURLにアクセスしてみてください。

次のようなページが表示されたら、Webalizerは正常に動作しています。

(Webalizerを実行する前に、何度かWebサーバにアクセスしておいたほうが、ログが増えてわかりやすいかもです。)

Webalizer動作確認

インストール・動作確認の手順は以上です。

実際に運用する場合は、cronを使ってWebalizerを定期的に実行する必要がありますが、今回は説明を割愛しています。
わからない方は他のサイトで調べてくださいね!

それでは!