MAMPでMySQLのクエリログを出力させる方法

MAMP & MAMP PRO
Creative Commons License photo credit: ohmygeekness

Webアプリケーションをデバッグするときに使うと便利な「MySQLのクエリログ」をMAMP環境で出力させる方法のメモ。

MySQLの設定ファイル(/Applications/MAMP/Library/my.cnf)の「[mysqld]」セクションに以下の行を追記します。

もし設定ファイルが見つからないようであれば、「/Applications/MAMP/Library/share/mysql」ディレクトリ内にある「my-XXXX.cnf」という設定ファイルを、「/Applications/MAMP/Library」ディレクトリにコピーしてから編集してください。

次に、MySQL起動スクリプト(/Applications/MAMP/bin/startMysql.sh)を編集します。中にはMySQLを起動するコマンドが書かれているので、クエリログを出力させるためのオプション「–log」を以下のように起動コマンドに付け加えます。(見づらいですけどコマンドの末尾に付け加えています。)

ファイルの編集・保存が終わったら、MAMPアプリケーションからMySQLを再起動します。
すると、「/Applications/MAMP/logs」ディレクトリの「mysql_query_log」というファイルに、WebアプリケーションがMySQLに発行したSQLクエリのログがリアルタイムに出力されるようになります。

あとは、tailコマンドなりコンソールアプリなりでログファイルの中身を確認すればOK。
とっても便利になりました。

それでは!