ベストプラクティスを知る – 読書 – Backbone.jsガイドブック

仕事やプライベートの開発に Backbone.js を使いまくっている @kadoppe です、こんばんは。

以下の記事を読んで気になっていたのと、会社の開発メンバーが持ってたことがきっかけで、基礎から勉強し直すつもりで借りて読んでみました。

Backbone.jsガイドブック – naoyaのはてなダイアリー

外観

Backbone.jsガイドブック
Backbone.jsガイドブック

目次

  • 1章 Backbone の基礎
  • 2章 Backbone オブジェクト
  • 3章 サンプルアプリケーション「Todos」
  • 4章 JavaScript におけるモジュール管理
  • 5章 アプリケーションのテスト
  • 6章 タスクの自動化
  • 7章 Backbone アプリケーションの開発

感想

Backbone.js をつかってWebアプリケーションを開発している人は、絶対一度読んでおくべき本です。特に1章と2章。

ある程度 Backbone.js を使った開発経験がある(1年半ほど)からか、内容はすんなり頭の中に入ってきました。各コンポーネントの仕様についての解説に加えてベストプラクティスも紹介されており、自分の今までの考え方や書き方と照らし合わせながら読み進めていくことで、しっかりとBackbone.jsについて理解を深めることができます。

Backbone.js の特徴の一つに「制約が少ない軽量フレームワークである」ことがあります。なので、同じ Backbone.js を使っていても、使い方や解釈、書くコードは人それぞれ。そういう状況の中で本書は「Backbone 流 MVC」という一つのスタイルを示しています。これはとても素晴らしいことです。

本書が言う「Backbone 流 MVC」では、DOMイベントをListenしてModelやCollectionを操作するコントローラメソッドと、Modelの操作イベントをListenしてDOMを操作するビューメソッドを区別することが重要だとしています。すごく自然な処理の流れが出来上がるので、とてもわかりやすく、キレイで、メンテナンス性も高いコードの書き方だと思いました。これもひとつのベストプラクティス。

こういうベストプラクティスを自分の引き出しにひとつでも入れておくことで、これまでとは違った考え方も今までより理解しやすくなりますし、自分なりの新しい考え方にも発展させていきやすくなりますね。また、複数人で開発するときの、コーディング規約にも役立ちそうです。

でも、まだまだ開発経験が浅い、会社のインターンさんにこの本をオススメできるかというと、少し微妙なところ。上述の「Backbone 流 MVC」が登場するのは第1章の17ページ。すでに JavaScript や Backbone.js を使った開発経験がある程度ある人だと問題なく理解できますが、そうでない人にとっては、違うところでJavaScriptの基礎やDOM操作・イベントハンドリングについて勉強してからのほうがよさそうです。

全7章のうち、3章がBackbone.jsと直接関係のない RequireJS、テスト、Gruntに関する内容なのは、賛否両論あるかと思いますが、僕にとってはよかったです。幅広く・ざっくりと知識を得ることができたので、もっと詳しく調べてみるきっかけになりました。

まとめ

あまり初心者向けでは無いかもしれませんが、フレームワークのベストプラクティスという、必ず読むべきタイミングがやってくる内容が書かれています。

僕が Backbone.js を使い始めて、カオスになりがちなViewの書き方に悩んでいたあの頃に読みたかった一冊。今、そんな悩みをお持ちの方は、一度読んでみてはいかがでしょうか。

「Backbone流MVC」を身に付ければ、きっと今までよりもきれいなコードが書けるようになりますよ。
それではー。

  • mori_dev

    僕も Backbone.js を始めたタイミングで出版されたので読んでみたら、とってもよい本で感動しました。
    付録の underscore.js の関数の日本語解説も英語が苦手なので有益でした。
    その後電子書籍版もでたので、携帯用にそちらも買いました!

    ブログ読者向け参考リンク) http://tatsu-zine.com/books/backbonejs

  • 読んでみていろいろなモヤモヤが腑に落ちる感覚がしました!

    > 付録の underscore.js の関数の日本語解説も英語が苦手なので有益でした
    確かに、付録のリファレンスを読むと「こんな関数あるんだ!」という発見がたくさんありました!

    電子書籍版あったんですね、知らなかったです。リンクありがとうございます!