こまめな再計画による製品価値の最大化 – 読書 – アジャイルな見積りと計画づくり

最近の自分の課題の一つとして「アジャイル開発での見積り方法や、計画づくりに関する理解不足」がありました。知識が足りないから自信を持って進められない、といった感じ。そんな中、タイトルがドンピシャの本書を積読していたことを思い出したので、年末年始に手にとって読んでみました。

アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~
アジャイルな見積りと計画づくり ~価値あるソフトウェアを育てる概念と技法~

本書は、アジャイル開発における見積り、および、それをもとにした計画づくりについて、目的や概念などの抽象的な部分から、チームの状況に応じた具体的な方法論に至るまで、とても幅広く解説している本です。

  • アジャイルな見積りと計画づくりとはどういったもので、なぜ必要になるのか。
  • チームが実装するフィーチャー(ストーリー)をどのように見積もればいいのか。
  • チームが実装するフィーチャーの優先順位付けは何に基づいて行うべきか。
  • リリースや各イテレーションの計画はどのように立てればいいのか。
  • チームのベロシティやイテレーションの長さはどのように決めるべきか。
  • 複数のアジャイル開発チームが存在する場合の計画の立て方について。
  • チームの活動をどのようにモニタリングすればいいのか。

など、アジャイル開発に少しでも関わったことがある人なら、だれでも一度は疑問に思うようなことについて、わかりやすい例と共に丁寧に説明されています。それぞれの詳細については、読んでみてからのお楽しみということで。

アジャイルな見積りと計画づくり = こまめな再計画による製品価値の最大化

人は未来のことを正確に予測することはできません。そのため、プロジェクト開始時点での見積りや計画はとても不確実なものです。

最初に苦労してつくった計画も、実際のところ間違っている可能性が高く、プロジェクト終了間際には計画と大きなズレが生じてしまっている、なんてことはざらにあります。その結果、計画するためにつかった多くの労力がムダになってしまいます。

このような問題に対して、アジャイルな見積りと計画づくりでは「未来は正確に予測できないものである」と一旦諦めます。

その上で、最初にすべての計画を立てるのではなく、プロジェクト期間中にこまめに再計画を行うようにし、徐々に計画の精度を高めていく、というアプローチです。

開発が進行していくと、チームには製品(プロダクト)に関する知識や、開発プロセスに関する知識がどんどん溜まっていきます。再計画を行う際にそういった知識をふんだんに活用することで、限られた時間の中で製品の価値を最大限に高めていくことができます。

それこそが「アジャイルな見積りと計画づくり」の目的であり、アジャイル開発チームの目指すべきところなのだと、本書を読んで理解することができました。

今、自分が所属している開発チームにも適用できそうな考え方・方法論をいくつか見つけることができました。見積りや再計画の方法だったり、再計画しやすくするためのチームメンバーとしての考え方や、モニタリングの方法に関して非常に参考になることが書いてあります。

読んで終わりじゃ無くて、どんどんチームの改善に役立ていきたいと感じます。各章の最後には、チームメンバーと一緒になって考えるエクササイズが付いているので、チーム内で読書会を開催することで、アジャイルな見積りと計画づくりについての共通理解をどんどん深めることができるのではないかと思います。

おわりに

チームでアジャイル開発を始めてみたけど、計画通りに全然進まないことに悩んでいたり、「そもそもアジャイルって計画するの?必要なの?」って思っている方にすごくおすすめの本です。「アジャイル開発チームは計画しない」「アジャイル開発では日付や機能にコミットできない」なんて言葉が嘘だってことが分かります。

こまめに再計画するためにはどうすればいいか、再計画を支える見積りとはどんなものか、自分の中でも理解が深まったので、どんどん仕事に活用していきたいと思います。これで、自分の感じている課題を一つずつ解決していけるといいな。

それでは、以上になります。読んでくださってありがとうございました。