スマート・クリエイティブになりたかったんだ – 読書 – How Google Works

読みました。Kindleで。

Googleという会社が、どのような哲学にもとづいて会社を運営し、日々イノベーションを起こしながら、成長を維持し続けているのか。豊富な実例を交えながら解説している書籍になります。

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス)  ―私たちの働き方とマネジメント
How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント

目次

  • 文化 – 自分たちのスローガンを信じる
  • 戦略 – あなたの計画は間違っている
  • 人材 – 採用は一番大切な仕事
  • 意思決定 – コンセンサスの本当の意味
  • コミュニケーション – とびきり高性能のルータになれ
  • イノベーション – 原子スープを生み出せ

スマート・クリエイティブ

Googleのイノベーションや成長は、「スマート・クリエイティブ」と呼ばれる、「多彩で、専門性とビジネススキルと想像力を併せ持っている」人材によって支えられています。

「スマート・クリエイティブ」はどんな人材か。彼らは、分析力、ビジネス感覚に優れており、ユーザについてよく理解していて、斬新なアイデアを次々と生み出し、好奇心旺盛で、リスクを厭ず、自発的に行動し、オープンなマインドをもっていて、細部にこだわりを持ち、そして、コミュニケーションが得意であるという特徴を持っています。まさに、スーパーマンです。

Googleの中にも、これらすべてを兼ね備えた人材は数えるほどしかいないようですが、全ての人材に共通する基本的な要件としては、「専門性」「創造性」「ビジネスセンス」「行動力」という4つの要素が挙げられるみたい。少しハードルは下がったけど、それでもなかなかお目にかかれる人材ではないですね。

こういったスマート・クリエイティブがGoogleの成長の原動力になっています。しかし、スマート・クリエイティブをただ集めただけで、ものごとがすべてうまく進む、というわけではないようです。(集めることもすごく難しいとは思いますが)。

スマート・クリエイティブをどのように集め、採用すればいいのか。彼らがお互いに化学反応を起こしながら、最大限のパフォーマンスを発揮するためには、どのような文化・哲学にもとづいて戦略を立案し、意思決定をおこなうべきなのか。スマート・クリエイティブをうまく扱うためにはたくさんのノウハウが必要になります。

本書では、まさにそのノウハウが解説されています。Googleが創業して以来、社内に少しずつ蓄積されてきた貴重なノウハウです。それぞれが具体的な事例にもとづいて解説されているので、とても説得力があり、想像力を働かせやすい形で、読み手の頭のなかに入ってきます。

Googleへのあこがれ

個人的にな話になりますが、僕は学生時代、Googleみたいな会社で働きたいと思っていました。

もう、8年も前のことになりますか。京都でGoogle主催のリクルーティングイベントが開催されたことがあり、自分は好奇心でそのイベントに参加していました。

イベント中、Googleのとあるマネージャの方によるプレゼンがあり、その中で、Googleの中でのエンジニアの位置づけや働き方について紹介されていました。

うろ覚えですが、そのマネージャの方はこんなことをおっしゃっていました。

「Googleと、他のIT企業では、エンジニアとマネージャの関係性に違いがあります。通常、マネージャとエンジニアの間には上下関係が存在します。一番下にエンジニア、その上にマネージャがいるというピラミッド構造が一般的です。でもGoogleは違います。エンジニアが中心にいて、その周りをドーナツ状にマネージャが囲うような構造になっています。エンジニアが創造力あふれる仕事ができるように、マネージャがそれを支えているのです。」

当時の僕には、その言葉から伺えるGoogleの文化がとてもキラキラ輝いて見えました。学生で、まだ仕事もしておらず、組織やマネージメントについて何も知らなかった自分にとって、Googleと他の企業の違いについて頭のなかで想像するしかありませんでしたが、自分には漠然とGoogleのスタイルが魅力的に思えました。Googleや、そこで働く人々に対して、すごくあこがれていました。

あこがれの正体

今、How Google Worksを読み終えてみて、あの頃の自分が感じていた魅力の正体がわかったような気がしました。ピラミッド型ではなくドーナツ状の組織というのは、本書で書かれているGoogleが大切にしていることのうちの一つだったんですね。

自分はきっと、本書でいうスマート・クリエイティブになりたかったんです。スマート・クリエイティブになって、他のスマート・クリエイティブと協力しながら、思う存分その力を発揮できる環境で仕事がしたかったんです。あこがれていたこと自体、忘れていました。思い出すことができました。

今の自分を客観的に眺めてみると、あこがれていた人物像、すなわちスマート・クリエイティブには、まだまだ遠い状況です。(あえて「ほど遠い」とは言わない。)自分が仕事をする環境を、当時の思いや感情にしたがって決めていたかというと、胸をはって「YES」とは言えません。環境を変える努力も、そこそこにしかやってきませんでした。

今からでも遅くない。自分があこがれていた自分に近づくためにできることはたくさんあって、自分が今いる会社やチームでもでも、将来働くことになるかもしれない新しい会社でも、あこがれていた環境をつくりあげていくことはできるはず。

おわりに

30歳になってから、そんなことにもう一度気づかせてくれた、How Google Works。

今後、自分がGoogleで働くことはないかもしれないけど、自分の今後のキャリアにとって、すごく意味のある一冊になりそうです。

モチベーションが上がったり、きっかけをもらっただけだと、自分も環境も何も変わりません。何かしらのアクションが必要です。しっかり、そして着実に、行動していこう。そうしよう。

おしまい。