謙虚と尊敬と信頼 – 読書 – Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

こんにちは。@kadoppe です。

実は、読み切るのに少し時間をかけすぎたせいで、細かい内容まであまり覚えていません(汗。ただ、この本が伝えたかっただろう、大切なメッセージはしっかり記憶に刻むことが出来ました。

Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか
Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか

HRT = 謙虚 + 尊敬 + 信頼

ソフトウェア開発の目的とは何でしょうか。「ソフトウェアが提供する価値を最大化し、それを素早くユーザのもとへ届けること」だと自分は思います。

本書では、そういった目的を「チーム」でうまく達成するために必要なポイントとして、以下の3つのソーシャルスキルを挙げています。

謙虚(Humility)
世界の中心は君ではない。君は全知全能ではないし、絶対に正しいわけでもない。常に自分を改善していこう。

尊敬(Respect)
一緒に働く人のことを心から思いやろう。相手を1人の人間として扱い、その能力や功績や高く評価しよう。

信頼(Trust)
自分以外の人は有能であり、正しいことをすると信じよう。そうすれば、仕事を任せることができる。

これら3つの頭文字をあわせて「HRT(ハート)」と呼び、これこそがチームが目的を達成するために必要不可欠なものだとしています。

ソフトウェア開発におけるコミュニケーションとHRT

ふと、今までの自分の仕事を振り返ってみると、ソフトウェアを開発するために本当に色んな人達とコミュニケーションをしていたことに気付きます。

同じチームのエンジニア。違うチームのエンジニア。スクラムマスター。プロダクトオーナー。マネージャ。営業。社長。ソフトウェアを実際に利用するユーザのみなさん。未来や過去の自分自身。などなど。

相手だけではなく、コミュニケーションの内容も様々です。

朝会で今日の計画を話すとき。わからないことを誰かに質問するとき。コードレビューをするとき。チームの活動を振り返るとき。要件をつめるとき。仕様に関する質問や苦情に対して返答するとき。障害の原因と再発防止策を説明するとき。ユーザテストに参加するとき。App Storeに投稿されたレビューを読むとき。などなど。

これらのコミュニケーションは、一日に何度も繰り返され、毎日続いていくものです。そして、すべてのコミュニケーションがうまくいくとは限りません。

本書を読み進めている期間中にも、コミュニケーションがうまくいかず、チームとしての目的をうまく達成できないような状況が、実際に何度か発生しました。

その際、自分や相手の行動に「HRT」が少しでも欠けていなかったか、一度冷静になって考えると、やはりどれかが欠けていたことに気づくんです。

自分には「コミュニケーションがうまくいかなかった」という自覚がなくても、「HRT」の欠如によってチームのどこかに歪みが生じ、後日それが仇となって襲いかかってくるかもしれません。

「HRT」が足りていない行動や状況って、実は身の回りにたくさん溢れているんじゃないでしょうか。きっと、溢れていても気づいていないか、そもそも問題意識がない状態なんだと思います。

本書を読んで

本書を読んだことで、「HRT」の欠如がチームの目的達成を阻害する問題であるということと、その問題が引き起こす様々な現象を認識することができました。

そして、自分自身の行動にも「HRT」が欠けていることが多々ある、ということに気づくこともできました。

まずは、自分の行動から変えてみる。それが、他のメンバーの行動にも影響を与える。

そして、最終的にはメンバー全員が「HRT」の重要性を知り、「HRT」に溢れた行動をとることができるチームになって、結果として、素晴らしい価値ユーザのもとに届けることができるようになる。

そんなチームで働くことはすごく幸せなことだと思います。その理想に少しでも近づくことができたらいいな、と感じた次第であります。

そんな感じです。おしまい。