Pocketに登録した記事をランダムに表示するAlfred Workflowの仕様をアップデートした

少し前につくって公開した、Pocketに登録した記事をランダムに表示・検索するためのAlfred Workflow。

このたび、その仕様を少しだけアップデートしたので、お知らせします。

GitHubのリポジトリはこちら。
kadoppe/alfred-random-pocket-workflow

Workflowの少し詳しい説明はこちら。
Pocketの記事をランダムに表示・検索するAlfred Workflowをつくりました | CreativeStyle

Alfredで記事を選択した時に、もともとは記事本来のURLをブラウザで表示していたのですが、新しいバージョンではPocket上の記事閲覧ページ( https://getpocket.com/a/read/xxxx みたいなURLのページ)を表示するにようしています。

以前から、

  • 記事本来のURLに移動してしまうと、Pocketでの記事のアーカイブや削除が行いづらい
  • Pocketの記事閲覧ページに移動して欲しい

といったIssue・Pull Requestを頂いており、今回のはその対応になります。

もともとは、記事の著者やサイトを運営されている方々に敬意を払いたいという気持ちがあり、Pocketを介してではなく、直接記事にアクセスする仕様にしてました。

でも、現仕様は上述の通り少し不便だし、Pocketの記事閲覧ページから記事本来のURLに移動することもできるし、このWorkflowのユーザにとって少しでも便利な仕様に変えた方がいいかなと思ったのが、今回のアップデートの経緯になります。

IssueやPull Requestで意見を下さった方々、ありがとうございました。他にもコメント・ご要望等ありましたらよろしくお願いします。