88: 配信再開と自分の考えの解像度をどうにか高めたい話

Published on
November 27, 2022

文字起こし

powerd by whisper.cpp

はいみなさんこんばんはカドッペFMです この番組はですね 僕ソフトウェアエンジニアのカドッペが日々 感じたこと聞いてみたこともらったことをゆるーくお伝えする ポッドキャストですはいでですねえっと久々にポッドキャスト配信 収録してるんですけれども ちょっと前まで1年ぐらい前までかなあのスタンドFMというサービスで あの同じ名前でカドッペFMという名前で配信してたんですけども しばらく配信してなくてですね ただまた再開したいなぁと思ってたんですけどちょっと いい機会今日たまたまあったので 今収録している感じになります 今回からですねえっとスタンドFMではなくて今Ankerっていうサービス使って収録してるんですけど 新規一点やり直していこうと思います なんで再開したかっていうことなんですけど今日たまたま友人とお昼にお茶してですね なんかこう 日々自分が感じたこと考えたこと 日記とかに残しておきたいなという話があったんですけどなかなかこう ノートを開いて文字を書いたりだとか メモ帳アプリにですねキーボードをポチポチ叩いて日記を書くっていうのはすごく大変だっていうことで ただまぁ話すだけなら 簡単なんじゃないかみたいなそういう話があったんですね 実際僕も紙のノートに日記を書いたりとかし始めてたんですけど 続かない時期もあったりとかして夜寝る前に重い腰を上げるみたいな感じで書いてたんですけど やっぱりしゃべる方が楽かもしれないなと思い始めまして今日やってみようと気持ちになっています あのポップキャストとして自分の声を収録して 文字として起こせるようなことをこのポップキャストでたまたま話せたら ブログとかにしてもいいのかなみたいな感じで まず頭の中のモヤモヤしていることをですね ストーリーに何とか出すハードルの低いきっかけとしてポップキャストを使っていけたらなと思っています 話すことがですねポップキャスト収録することが果たしてハードルが低いことかというのは分からないんですけど 1回中断する前のこのFMもですね だいたい84回とか90回くらいを配信したんで 当時は結構特にストレスなく 重い腰を上げるっていう感じでもなくしゃべれたからいけるんじゃないかと思っています でだいたい10分くらい ふわふわした内容を話すという感じにしようと思っていて いわゆる日記みたいなもので 何かしらアジェンダがあって色整然と話していくというよりかは 頭の中のモヤモヤした状態の考えを そのままモヤモヤした状態のままですね ストーリー出していくという感じなので 聞いていても何かしら何を話してるんよこの人みたいな感じになるかもしれないですけど 何かしら共感していただける分とかあれば嬉しいなと思いますし これきっかけで何かしらポップキャストの外でコミュニケーションが起きるといいなと思っています っていうのがポップキャスト再開1回目の前置きみたいな感じでした 今日感じたこととかもちゃんと喋った方がいいのかなと思って喋るんですけど 今日友達とその知り合いとお昼お茶をしてたんですけども 一人がとあるスタートアップの企業を経営してる人でして その人と話をする中ですごく刺激になったというか 自分も何とかしたいなと何とかしなきゃいけないなと思った点があります 何かっていうと 自分がその人の話を聞いてると この人って本当にその会社自分の会社で解決したい課題のこと 本当に深く1人n=1って言うんですかね 一人一人の本当に人間が抱えている課題のレベルまでしっかり理解しているなと これはすごいことだと 何かその課題に対する会社としてサービスとして解決したい課題に対する解像度ってのはすごい高いなと思ったんですね 加えてそれだけじゃなくて ビジネスとして課題解決しつつ 会社としても持続的に収益を上げてサービスを提供し続けるために 不完的な視点っていうのを合わせて必要になると思うんですけども それについてもですね n=1の具体的な課題だけじゃなくて 不完的な課題理解とか 多くの人がステークホルダーとしてプロダクトだったり ビジネスに関わっていく中で 彼らがどのように作用してコミュニケーションしてお金をやり取りして ビジネスとして目指していくのかというところをすごく視点がしっかりさせていて なんていうんですかね 片方だけだったら その片方だけでもすごく難しいことと思うんですけど そのn=1具体的な課題と不完的な視点 両方持ってるってことはすごいなと どっちも解決高いのすごいなって思って すごく刺激を受けた一日でした 今そうですね 自分もその自分がこう作るプロダクトで 何かしら課題を解決したいなと思ってるんですけど なかなかまだまだ不完的にもですね n=1の一人一人の課題についてでもですね なかなかまだ理解が深まっていないっていう状況で どうすれば今日お茶をした人のような視点が持てるのか どうすればというか 手段とかあんまり関係なくて 知りに行け考えろってことかもしれないですけど 足を使って なんかそういうね どうすればいいかというか もうやんなきゃなという気持ちにすごくなったので この気持ちはちょっと残しておきたいなと思って 今喋ってます そのお茶の場でですね 友達からカドッペは何がしたいの?と 問われた瞬間になってですね 何がしたいのっていうのは 直近の人生全体というよりかは 直近数年間どんなことがしたいの? みたいな話を文脈の中で聞かれたんですけども そこもやっぱり自分の考えっていうのが なかなか具体的ではないなと この質問に対して答えてる間に感じたんですね 自分はこう今の仕事を介して なんていうんですかね テクノロジーの力を使って 本当は知れなかったんだけど知れた 出会えなかったんだけど出会えた チャレンジできなかったんだけどチャレンジできた みたいなそういう機会を得てですね それによって人の人生が変わる 高度が変わる 得られるものが変わるみたいなことが すごいこれまでの人生経験上 すごい素晴らしいな テクノロジーって素晴らしいなって 思うことがあったんですけど そういうことを周りの人に対して 起こせるようなプロダクトを作ったり あるいはそういう仕組み そういうどんどんそういうことが起きるような仕組みを作って エンジンみたいなものを作って 世の中にそういう出来事がたくさん起きるといいな みたいなそういうことが ここ数年かけてしたいことですよと話したんですけど いざ口にしてみるとですね すごく抽象的 僕が話すことは 考えることも大体具体的なことはなくて もう抽象的などんどん 仕事をしたり生きたりしてるんですけど これも礼に漏れず 抽象的だなと思ってですね なんか今話すのもすごく大変 頭の中にイメージがあんまりないから ただちゃんと整理して 実体験みたいなのがあるはずなので 少しでもそこから具体的な言葉として そして行動として 自分の言葉で表現できるようになりたいなって思いました 自分のやりたいこともですね やっぱりそんなに遠い先の未来とか そんなに遠くなくても 数年後的な未来のイメージをですね このこれまでの仕事 人生の中であんまり考えて 進んできた経験がなくて とりあえずフワッとした状態でもいいから 目の前のことをちゃんと正しくやっていこう みたいな感じでやってきたんですけど やっぱりそのそういう遠くの方向とか ビジョンみたいなものがないと やっぱり今目の前のことをやってる やり方が正しいかどうかなんて 分からないなと 見えてても 遠くの未来が見えてても 目指す方向性は見えてても 分からないものかもしれないですけど あまりにも暗中模索すぎるのかな と思うところもありまして なのでそこを言葉にしていく っていうこともすごくしたいんですね でその自分の中の曖昧なイメージを 言葉にする明確にしていく手段として こう頭の中から吸い出す 声に出すとか文章に書くとか 人に話すとか そういったことがやっぱり必要なのかなと やっていきたいなと思います 少しね今なんだっけな 内向的な人の生き方 仕事の仕方みたいな本を読んでるんですけど 自分もそんなにそのコミュニケーションとかが 特に相手と何か対話するっていうのは そこまで得意ではないというか 積極性が低い特性があってですね なかなかそれの指定してこなかったというか まだ足りないなってすごく自分で思うんですけど でもちゃんと自分の中で 目的曖昧な考えを外に出して 壁打ちに付き合ってもらって また自分の中に戻して 具体化していくっていう目的があるんであれば なんかできそうだなと思う 今はそういう気持ちになっているので ちょっとやっていきたいなと思っています というわけでフッキー第1回目の配信 フッキー第1回目の配信 こんな感じで終わりたいと思います 家でですね どこで収録していいのかわからなくて 今お風呂の中で ひっそりと喋ってるんですけど また近いうちにリズム感を持って 自分の日記代わりに 自分の考えを発信できる場所として 使わせていただきたいなと思いますので これを万が一ここまで聞いてくださった方に いれば本当にありがとうございます ですし ゆーくお付き合いいただけると幸いです はいではそんな感じで 今日は終わりにしようと思います さようなら